プロフィール

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオクワガタ幼虫の菌糸ビン(G-pot)交換

今、3頭だけオオクワガタの幼虫を飼ってるので、菌糸ビンを交換しました。
使ってるのは、近所で買えるG-pot スタウト

gpot.jpg

久しぶりに買いに行ったら、逆さ置きタイプに変わってました(シールが変わっただけ???)。
菌糸ビンとしては結構高いんですけど、3頭しかいないので、今はこれを使ってます。

今回が最後の交換になります。
例年通りならGWくらいから蛹化~羽化って感じです。


フォーテック 菌糸ビン G-pot スタウト900cc 1本
キャップ面下向き育成で「乾燥」「水分過多」による弊害を一気に解消!
スポンサーサイト

中古ルアーショップめぐり #1

「中古ルアーショップめぐり」なんていうタイトルつけたけど、実際はたまたま店があったから入っただけです。

初めての店だったので、ルアー全部見てやろうと気合い入ってたけど、時間切れで無理でした。

4つほど迷った中から、ワーミングクランクショットトリプルフルサイズとアユチュピをゲット。

lure.jpg

いつもシャローだけチェックして時間切れか、既にヤル気失ってるかのどちらかなんですが、いつもやるよりちょっと深いところもやってみたい。

と、去年のシーズン前から思ってたけど、今年はどうなることやら。

アユチュピは、水面でベイトがピチャピチャやってる状況で投げたくなるルアーが自分のボックスの中に無かったので、以前にも入手してたんですが、好きな色だったし、状態も良かったので買っておきました。

ギターのフレット交換を自力でやってみた 前編

10年くらい前にヤフオクで5,000円くらいで落札して、フレットが磨耗しすぎて今はもう使ってないギター(IbanezのRX-180かな?)があったので、フレット交換の練習用に使うことにしました。

とは言っても、専門工具は使いません。
工具揃えるだけでリペアショップに依頼できるくらいの金額になるし、このクラスのギターなら買えてしまうほどなので。

前に100均で見つけていたミニエンドカッター。これをヤスリで削ること数十分。

1_20150323154243841.jpg

フレットを抜く工具にしました。で、試しに1本抜いてみた。

2_20150323154244872.jpg

おっ、意外にも使えてしまったので、このままドンドン抜きました。

3_20150323154246e1c.jpg

全部のフレットを抜き終わったところ。

4_20150323154247310.jpg

勢いでドンドンやってしまったので、指板のフレットの溝まわりが数箇所傷付いてしまったけど……。
まあ、このくらいは想定内。

さあ、次は新しいフレットを打ち込むぞ!
……といきたいところでしたが、用意してなかったのでネットで注文。

2日後に届いたので再開します。

5_20150323154249034.jpg

長い状態の数本のフレットをニッパーで切断して、指板の溝に叩き込んでみます。

6_201503231543099e6.jpg

数本繰り返して、力加減とかコツがわかってきたつもりになったので、そのまま22フレット分続けました。
そして飛び出した部分をニッパーでカット。

7_20150323154310ac4.jpg

カットした断面の出っ張りをヤスリで整えます。
ここで、ハイフレット側の作業がしにくいので、ネックをボディから外しました。

8_201503231543125be.jpg

写真では省略してますが、指板は一応マスキングテープで保護して。

9_20150323154306738.jpg

保護してたんだけど、指板のエッジを少し削ってしまった……。
まあ、これも想定内。というか、今回は練習なので何が起きてもOK。

さらにフレットエッジの処理を進めます。

10_20150323154307fec.jpg

サンドペーパーも使って結構時間かけてやったつもりですが、まだまだエッジの処理があまいみたい。
指をあてると結構ひっかかるところが…・・・。

この作業は慎重に調整するしかないので、毎日こつこつと納得いくところまで処理できたら組み立ててすり合わせしてみます。

続きは後編で。
もしこのまま後編が書かれることがなかったら失敗したと思ってください(笑)

EMERSON(エマーソン) トルクレンチ EM-29でタイヤ交換してみた

この前買っていた エマーソン トルクレンチ EM-29 を使って、実際にタイヤ交換してみました。今回はスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻します。

1.jpg

実は自分でタイヤ交換するのは今回が初めてです(過去に1度、パンクした時にスぺアタイヤに付け替えたことがあるのはありますが)。

使った工具は エマーソン トルクレンチ EM-29 と、エーモン 1492 アルミホイール用クロスレンチ、それから、車に搭載されているジャッキ。

4.jpg


まずはエマーソン トルクレンチ EM-29の設定メモリを調整します。

5.jpg

車の説明書を確認すると、締め付けトルクは85N・mと書かれています。

6.jpg

メモリを回して調節。

8.jpg


では、いよいよホイールナットを外していきます。
エマーソン トルクレンチ EM-29で、反時計回り(※この車の場合)に回してナットが緩んだら次のナットへ。

9.jpg

4つすべて緩んだら、エーモン 1492 アルミホイール用クロスレンチに持ち替えて、クルクル回して取り外します。

10.jpg

まあ、実はクロスレンチは別になくても困らないですが、クルクル回せて楽です。

これで、タイヤが外れました。

11.jpg


次は、付け替えるタイヤをセットして、先ほどとは逆の手順で締め付けていきます。

12.jpg

クロスレンチで4つのナットを締めた後、エマーソン トルクレンチ EM-29に持ち替えて、グググッと締め込みます。

13.jpg

設定したトルクまで達すると、カチンと音が鳴るので、そこで止めます。

僕もやってみるまでどんな音が鳴るのかよくわかってなかったので、実際に動画撮影してみたのを公開しておきます。




以上の作業を計4回やって全部のタイヤを交換すれば完了。
タイヤの交換作業自体は何も難しいところはなく簡単でしたが、ジャッキアップだけが面倒ですね……。

でもまあ、タイヤ交換作業1回分の料金で買えるトルクレンチで無事にタイヤ交換できました。

取り外したタイヤは取り付け位置(前後左右)をメモしておくといいと思います。同じ場所につけるにしても、ローテーションさせるにしても。

軍手必須です。真っ黒です。

14.jpg



ニューレイトン★エマーソン EM-29 トルクレンチ 【103N・mプリセットタイプ】
送料込3,970円(税込) ※2015/03/17現在

【自撮り動画】Sails Of Charon (Solo)

2013年の秋ごろ、10年ぶりくらいにギターを弾くのを再開してから、たまに自分のプレイを撮影して残すようにしてる。
欠点を客観的に見つけやすいこともあるし、過去・現在の自分プレイを比較できるので。

そんなわけで、ウリ・ジョン・ロート在籍時のScorpionsの曲、Salis of Charonのイントロソロを弾いてみたのを撮影してみたんだけど、うまく弾けてない。

撮影する前に弾けたのでカメラを用意したんだけど、録画ボタン押すとどうしても失敗する。ってことは、よーするにまだ弾けないってことですね。



まあ、今日現在の限界ってことで。
1カ月後にこれを見て、その時に笑えるように上達できてたらいいんだけど(笑)

ちなみにこれは VOX amPlug I/O を使ってます。あんまり音はちゃんと作ってないけど。

VOX amPlug I/O 買ってみました

この前発売されたギター用のUSBオーディオ・インターフェイス VOX amPlug I/O を買ったのでちょっと書いてみます。

実売7,000円弱で売られてるけど、付属ソフトのJamVOX IIIだけで99.99ドルするものなので、結構お得。
僕にとっては、ちょうどオーディオ・インターフェイスが欲しかったし、練習に最適な機能がついてるJamVOX IIIも魅力的でした。



まだあまり使い込んでないので、細かいところはいずれまたレビューしようと思うけど、使い始めてすぐに気になったところがあるので、そこだけ触れておこうかと。

この VOX amPlug I/O は、ギターに直接挿すタイプのため、シールドが不要なのはいいんだけど、挿してると邪魔になる場合がある。

まずはストラトの場合。

strat.jpg

ジャック部分の角度調節ができるからすごくフィットして結構いい感じでしょ?
しばらくはストラトをメインに使ってたから、すべてのギターでそうなのかと思ってた。

では、レスポールの場合は……。

les1.jpg

ボディの側面に挿すことになるため、この角度だと邪魔すぎるので、回転させてみる。

les2.jpg

真っ直ぐ伸ばした状態よりはマシだけど、やっぱり気になる……
しかも……

les3.jpg

USBケーブルやヘッドフォンケーブルの重みなどでクルっと回転してしまう(汗)。
コレってどうなんだろう。結構このタイプのギターって多いと思うんだけど。

あと、出っ張ってるからぶつけやすいし、ギターを床に立てる時にも気をつかう。
もうちょっと考えてほしかったな。

ちなみにWindowsで使ってるけど、レイテンシーは問題なさそう。弾いていても全く違和感がない。

それから、付属ソフトのJamVOX IIIも結構遊べるし、欲しい音はもう誰かが作ってアップロードしてくれてることが多いんで、それを元に自分のギター用に調整すればすぐに音が鳴らせる。
音作りが苦手な人だったらマルチエフェクターとかを触るよりいいかも。

タイヤ交換用にトルクレンチを注文

今年の冬、ノーマルタイヤで50km以上の距離を雪道走行して怖くなったので、スタッドレスタイヤを買ったけど、結局その後は雪道を走行することなく春になりそう。

ノーマルタイヤへの履き替えを、タイヤを買ったカー用品店に依頼すると3,000円だか4,000円だかかかるとのこと。

年2回、そんな金額払うのは貧乏人には厳しいので、自分でやってしまおうと思ってたけど、規定トルクってのがいまいちよくわかりません。感覚だけで締めるのも怖いし。

それで、安いトルクレンチはないものかと検索してみたらありました。



ニューレイトン★エマーソン EM-29 トルクレンチ 【103N・mプリセットタイプ】
送料込3,970円(税込) ※2015/03/09現在


こんなに安いのもあるんですね。

耐久性はわからないけど、1回問題なく使えれば損はしないし、2回使えればお得という計算なので、これにしました。

使用後にまたレビューします!

今年こそ苦手なジャークベイトで釣りたい

何年か前からバス・フィッシングを再開したけど、昔から苦手だったジャークベイトでは再開後まだ1本も釣ってない。

毎年春に練習してるけど、巻物と違って、釣りのリズムにいまいち乗り切れなくて、気がつくとスピナーベイトとかソフトルアー投げてる自分がいる(とか言いつつ、最近はスピナーベイトでも釣ってないのは内緒)。

先月中古で買ったステイシー90SP Ver2。

staysee90sp-ver2.jpg

ショートビルのジャークベイトはいくつか持ってるけど、ロングビルはほとんど持ってなかったので買ってみた。
去年、もうちょっと深いところを通したいって思うことがあったので。

それにしても、中古店のバス用のハードベイトって、傷の少ない綺麗なのが多いね。
買っても結局使わずに売ってしまう人が多いんだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。