プロフィール

FJ

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・シーバス釣り

この週末は昼・夕まずめ・昼~夕の計3回行きました(笑)。

しかし……



タックル写真くらいしか撮る写真がありませんでした(涙)



でも、昼間に2ヒット2バラシ。

夜だといつも同じことやって終わってしまうところを、慣れない昼間ということで、普段やらないいろんなことを試せた。
なんとかバイトさせることはできたので収穫は有ったことにしておきます。

デイゲーム=早巻き

というのが頭にあって、最初っから飛ばしまくってましたが、最終的にバイトがあったのはどちらもデッドスロー。しかも着底、ゆっくりと移動距離の少ないボトムバンプ数回からのデッドスローリトリーブで誘い出す感じ。

2回ヒットさせて2回ともバラしたのは、太陽光で明るく、干潮で水深もなく、偏光グラスごしにバイトシーンが目視できたための早合わせが原因。リアフック1本が口先に掛かり、フロントフックも掛けようと操作した時のしょーもないミスでした(涙)。

このパターン、なんとかリベンジしたいけど、暑いのがねぇ~。
スポンサーサイト

アイマ ソバット80の割れたリップのリペア方法

僕がアイマソバット80を使ってると最後は必ずリップが割れてしまいます。



数年前にリペアした時のことを思い出し、今回も挑戦してみました。

まず、リップは中途半端に残っててもどうにもならないので切り取ってしまいます。



その次に切り取って、残ったリップの付け根を削りとります。



この状態でも、普通のシンペンとして使えそうな形になりますね。



でも、リップのリペアが目的なので次の工程へ。
サーキットボートを使ってリップを作ります。切っただけですが。



では、思い切ってリップを差し込むための溝をきりましょう。ノコギリをあてて切りました。



溝が切れたらリップを仮刺しして問題がなければ接着!



乾いたら完成です。



このリップは頑丈なので、まず折れませんよ。接着が甘いと外れることがあったり、ボディに浸水することはあるかもしれないのでしっかりと丁寧に。


アムズデザイン(ima) ima sobat(アイマソバット) 80

スローリトリーブではシンキングペンシルのような蛇行アクション。ミディアム~ファーストリトリーブではウォブロールを伴ったS字アクション。トゥイッチ&ジャークでもコンパクトボディからは想像できないアピール力を発揮します。

中古ルアーショップめぐり #3

またまた別の店へ行ってきました。
今回は時間つぶしで行っただけでしたが、エスフォー7をみつけました!

20150521_121847432_iOS.jpg

エスフォー9やエスフォー11はよく見掛けるけど、エスフォー7の中古って珍しいです。
リアクションバイトしてしました。


これでエスフォー3兄弟が揃いました。

20150521_122123732_iOS.jpg

たしか、もう1サイズ小さいのと大きいのがあったような気がしますが、たぶんこの3サイズ以外は使わないだろうし、滅多に見掛けることもないと思う。

エスフォー9は色が好みじゃないので、また見掛けたら買ってしまいそうです(笑)

中古ルアーショップめぐり #2

先月くらいから中古のエスフォーを探していました。
以前はどこにいっても見掛けたのに、なぜか今はなかなか見つけられません。

今日、久しぶりに行った店でようやく発見!
ついでに他のものも一緒に確保。

lure3a.jpg

(上)エスフォー9
(中)アユチュピペンシル
(下)アユチュピミノー(F)

3つで840円(税込)でした(笑)

これでエスフォー9、エスフォー11、コモモII90が揃いましたが、あとひとつ、ダイワのクロスウェイクが欲しいところですが、似たようなのばっかり買ってもなあ……と、ちょっと迷ってます。


アユチュピペンシルはこの前も買ったところだし、他にも持ってるけど、今回はシーバス用に買いました。ナイトゲームでの視認性が良さそうだったで。

アユチュピミノーのほうはSPモデルはよく見掛けるけど、フローティングモデルはあまり見ない気がします。
FモデルかSPモデルかは、腹にSPの文字がないことと、目が3Dになってることで識別できます。

lure3b.jpg


クロスウェイクどうしようかな……。

ダイワ(Daiwa) モアザン クロスウェイク 90SSR-F

マグロック+フロントウエイト3段階重心移動でキャスタビリティ、安定性が大幅向上

ひさしぶりにシーバス釣った!

前回から2週間ほど経ってしまったけど、シーバスのリベンジ行ってきました。

某都市型河川。
早朝、まだ暗いうちからスタート。

ちょうど上げの流れが効き始めるタイミングに明暗の釣りをしようと思って行ったのですが、思っていたより日の出が早かったようで、一瞬で明るくなってしまいました。

とういわけで、すぐに場所変え。河川の合流等の変化のあるポイントへ。

そこでバイブレーションで探って、なんとか釣った1本。

IMG_7876.jpg

39cm。四捨五入で40cm。

実は約1年半ぶりにキャッチしたシーバスでした。
だからこんなサイズでも今日は満足です。

少しづつサイズアップして、秋にはまた90cm目指そうと思います(笑)

Bluetooth イヤフォン SONY SBH20 を買ってみた

iPhoneで音楽を聴くために使っていたイヤフォンのコードに巻きグセがついてしまって、絡まりまくりで扱いにくくなっていたので、新しいイヤフォンを買いに行ってきました。

こういう時、値段重視か音質重視か迷うところなんですが、外で聴く用だし、バランス良く聴ければいいやってことで、2,000~3,000円台の商品の中から迷ってる最中に、ワイヤレスのBluetoothのイヤフォンが気になってしまい、結局コイツにしました。

ear1.jpg

SONY SBH20/Bという、3,000円台で買える一番安いもの。

店頭のサンプルを操作してみて、操作感も良かったし、ペアリングも簡単に出来た。
高音質とは言えないけど、外で聴くには困らない程度の、普通のリーズナブルなイヤフォン程度の音質。それにイヤフォン部分は独立しているものなので、後から好きなものに変えられます。

ear2.jpg

付属品はこんな感じ。本体、イヤフォン、充電用のマイクロUSBケーブルなど。

本体の大きさはこんな感じです。

ear3.jpg

iPod shuffleみたいな感じって言えばわかりやすいですかね。ていうか、もうちょっとプラスしたらiPod shuffle買えるんですね(笑)

ear4.jpg

こんな感じのクリップ式ですが、押して開くタイプではないので、ちょっと使いにくいかもしれません。胸ポケットとかなら問題ないけど、Tシャツとかだとちょっと困りますね。


iPhoneのBluetoothの設定画面を開いて、SBH20の電源をONにすると、iPhoneの画面の一覧に機種名が出てくるので選択するだけでペアリングできました。

今のところ音切れの問題もないし、いちいちiPhoneにプラグを挿す必要もないので凄く便利です。

僕はやらないけど、もちろんこれでハンズフリー通話もできますし、2台のケータイの着信待ち受けもできるそうなので、複数持ちの人でも安心して使えますね。

3,000円台前半の値段を考えると、コスパは良さそうです。
音質を求めるなら最初っから有線のほうがいいですし、オーディオマニアじゃない普通の人が音楽聴くぶんには何も困らない音質だと思います。


SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20/B ブラック

シーバスも行ってるんだけど

今週は2回ほどシーバスやってみましたが……

f1.jpg

全く釣れる気がしませんでした(涙)

前に美味しい思いをしたコイツも投げてみましたが、

f2.jpg

久々に偶然お会いしたしんぱくさんに確認すると、この時期じゃなかったようです(笑)

頭の中の思い出と現実に若干ズレが出てきてるかも。
とりあえず、まずは1本目指してがんばっていきます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。