プロフィール

FJ

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zoom G1on で遊んでみた動画

ZOOM G1on で遊ぶのが楽しくて動画撮ってみました。



1. イングヴェイ・マルムスティーン
2. ゲイリー・ムーア
3. ブライアン・メイ

僕の好きな3人のギタリストの音を真似て作ってみた音。
弾いてる時は似てたつもりが、後から聞くとちょっとイマイチな感もあるんですけど……(笑)

ギターから G1on にいって、そこからPCにダイレクトでライン録り。

youtubeにアップしたらいきなりスペイン語でコメント入れられた(汗)
せめて英語にしてよ……


スポンサーサイト

Zoom G1on 凄いね

ちょっと誘いを受けて、仕事帰りにスタジオ練習することになりました。

しかし、僕は、自分が弾きやすい状態にセッティングしてあるギター以外は弾けないタイプの人間なので、レンタル楽器は無理。だから、出勤時にギターも持って行かなければいけない。

左手にビジネスバッグ、右肩にエレキギター。

いや、まあ、それはいいんです。裸の状態のルアー・ロッドを持って電車に乗ったり繁華街を歩ける人間ですから。

問題は満員電車。

乗ってる距離は短いけど、朝からギターとか邪魔かなあ? とか考えてしまいますが、必要な荷物ですからねぇ……。
なるべく乗客の少ない、階段から遠い車両とかを選んで乗ればなんとかなりますよね。

とか考えてたらもう1コ大事なことが。


エフェクターどうしよう。


さすがにこの状態で、さらにエフェクターケース持って出勤とか無いし(笑)

荷物が大きくなるのもあるけど、とにかく重いですからね、アレって。


実は、Zoom G1N っていう小型のマルチエフェクターもをってたんですが、タイミングの悪いことに先月売ってしまったばかり。

しょーがないな。新しいの買うしかないか。


ってわけで、買ったのが現行モデルの Zoom G1on でした。



でも、そんな前置きはもうどうでもいいんですよ。


「どーぜG1Nみたいな音だろう、多少良くなってるとしても」みたいな気持ちで、エフェクトタイプやらアンプモデルを選んでギターを弾いてみると

えっ!!

と驚いてしまいました。
G1on は G1N とは全くの別物でした。

6,000円台でこんな音が出せるなんて……。
ヘッドフォンで聴いてても、とにかく音が気持ちいい。

もう発売されて数年経とうという製品のレビューしても仕方ないし、面倒くさいので書きませんが、ホントにビックリした。
以前の安っぽいデジタル感の強いイメージを持って敬遠してたこの数年の時間を取り返したい。


というわけで、前置きの続きに戻りますが、こいつなら軽量・小型なので、ギターケースのポケットでも入ってしまう。
これで解決した!というお話でした。

音作りが楽しくなって、いろんな好きな曲のギターの音を作ってます。
おかげで全く練習がはかどりませんが……。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。