プロフィール

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダルボード(エフェクターボード)構築

ペダルボード(エフェクターボード)ってあんまり興味なくて、必要な時だけ床に並べるスタイルでずっと使ってきたので、人生初の経験です。

とは言っても、エフェクターをたくさん使うタイプではないので、シンプルです。
ノイズ対策と、歪みとクリーンの2系統の音があればOKなので、単純に4つ並べられるサイズの小型のボード。

IMG_9352.jpg

真上から見るとこんな感じ。

IMG_9350.jpg

少し隙間を作ってますが、そこは追加したいものがあって、あえてスペース作ってます。
DC9Vの電源をとれる単三乾電池用のボックスとか。前に魚探の12V電源を電池で……というのをやったけど、あれの本数減らし版。ACアダプタ使えない環境でも動作できるからいいかな、と。


今回、ペダルを固定するためのマジックテープは、One Controlのエフェクター専用のやつを使いました。

IMG_20160907_201644.jpg

自分で切る必要もないので楽だし、粘着力もそれなりにあるみたい。

IMG_20160907_195803.jpg

ボードを立てても大丈夫。運搬中はどうなるか知りませんが……。

IMG_20160907_201838.jpg


あと、少し工夫したところ。
このタイプのボードは、枠いっぱいまで使ってエフェクターを配置すると、高さの関係でシールドを刺すことができなくなる場合があります。そこで、L字変換プラグを使います。
オーディオテクニカ 変換プラグ ATL428

IMG_9355.jpg

エフェクターの高さを調整しなくても、こうしておけば問題解決。ボードも有効活用できます。ちなみに、IN側はNS-2のインプットジャックの位置が高いためこの問題は発生しませんでした。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。