プロフィール

FJ

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超素人がループスイッチャーを自作しました

半田ごての使い方も電気のことも何もわからない素人の僕が無事にループスイッチャーを作れました。

0.jpg

ループスイッチャーというのは、スイッチを踏むことで複数のエフェクトループをON/OFFできる便利なもの。

僕の場合、単純に2台のペダルを切り替えたかっただけなんですが、AのペダルからBのペダルに切り替えたい時、Aを踏んでOFFにし、Bを踏んでONにする、という2つの操作が必要なことに困ってました。曲間に何度か歪みとクリーンの切り替えがあったりするので。しかも瞬間的に。

だから、1回のスイッチ操作でON/OFF状態を切り替えできるものを探していました。

少数ながら市販品にもいくつかあるんです。一番安いヤツがこれ。



でも、切替操作だけのために6,000円以上の出費は貧乏人にはキツイんです。
だから、自作することにしました。


まず、ネットで情報収集。

ON/BYPASSの切り替えと、LOOP A/Bの切り替えのために、トゥルーバイパス回路で、LEDを光らせたりするためには、3回路2接点の3PDTというスイッチを使うということがわかりました。

それっぽいレイアウトはネット上で見つけたんですが、そのまま作るだけだと不安だらけだったので、まずはスイッチの仕組みと、LEDを含む電源の配線について調べながら、何度か紙に書いて配線の練習を……。

なんとなく理解できてから、必要なパーツリストを持って、初めての電子パーツ屋へ。

電子パーツ屋は想像してたのと違って、明るく整理された綺麗な店内で安心でしたが、1つ1つのパーツがどこにあるのかわからないので、全部集めるのに3時間くらいかかりました(笑)

今回買ったのがコレ。

1_20161020201309267.jpg

今思えば、とてもシンプルなパーツです。よく3時間もかけて買い物できたな、って感じ(笑)

ケース(タカチ TD6-11-3) … 786円
3PDTスイッチ x 2 … 1,024円
ジャック(ステレオ) x1 … 90円
ジャック(モノラル) x5 … 350円
3mm LED x 2 … 30円
2.2K抵抗 … 5円
DCジャック … 80円

計2,365円! やった!安い!

実際には、配線材と半田も買いましたけどね。
半田ごては昔ダイソーで30Wのを買って持ってました(笑)

ちなみにネットではもっと安い3PDTスイッチがありました。もっと安く作れるかも。




では、早速作っていきますが、まずはアルミダイキャストケースの穴あけ。こういう工作系は、得意ではないにせよ、電気回路よりは経験あるので、マシです。ひととおり道具も家にありますし。

2_20161020201310eb5.jpg

鉛筆で書いた下書き通りに、センターポンチで印をつけたら、ドリルで穴あけ。

3_2016102020131377d.jpg

手持ちのドリルは8mmが最大だったので、それ以上の大きさの穴はテーパーリーマーを使って穴を広げます。力は必要ですが、そんなに大変な作業ではないです。逆に気を抜くと穴が大きくなりすぎる危険性があるので、確かめながら慎重に。

4_20161020201314a06.jpg



必要な穴が全部空いたらパーツを仮装着。ケースの大きさに余裕があるので、適当にやった割には特に問題はなしでした。

5_201610202013426b6.jpg


さて、いよいよココからが本番。

全く初めての作業なので、LEDの足を曲げたり切ったりするだけで緊張の連続です(笑)
DCジャック→抵抗器→LED→スイッチへ、手書きのメモ図を見ながら半田づけ。

6_201610202013434a5.jpg

半田はヤマモリ、配線材の皮も焦げたり……心配になりますが、このまま勢いで続けます。勢いで…といっても、慣れない作業なので1つ1つがとても時間が掛かります。

そして……すべての配線が完了しました。
終わってみれば簡単なものでしたが、1つ1つ確認しながらやったので、とにかく時間はかかりました。

7_20161020201337e64.jpg


そして、緊張の一瞬。

プラグを刺して、スイッチをON……


8_20161020201340686.jpg

おっ! LED点いた!

ちゃんと左のスイッチ踏むたびにLOOP AとLOOP BのLEDが交互に光ります!


では、肝心の音は……


ギターやエフェクターを接続して、アンプのボリュームを上げると……

9_20161020201341c80.jpg

ジャジャーーーン!!

ちゃんと音が鳴りました!
スイッチの切り替えもスムーズ。ノイズもないし、成功!

やったー。嬉しい。無意味にスイッチ踏んで切り替えまくり。自分で作っただけあって、他のエフェクターには無いかわいさがあります。ただのスイッチャーなのに。


とりあえず、仮でシール貼って完成です。

10_20161020201419252.jpg

というわけで、思ってたより簡単なので、作りたいけど躊躇してる方、ぜひやってみてください。愛着もわくし、持ってると便利ですし。

僕は少しエフェクター自作の道へ踏み込んでしまったようです。この翌週、新たなパーツを買いにいきました(笑)。
そっちももう完成したので、それはまた今度書きます。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。