プロフィール

Author:FJ
40オーバーのおっさんです。ルアー・フィッシングとエレクトリック・ギターを主な趣味にしてますが、それ以外にも色々と書いていきます。
最近は自作エフェクターにハマってきてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fuzz Face (NPNシリコントランジスタ版) を自作しました

昔から欲しかったエフェクターがあるんですが、それを作る前にもう1つ練習で作っておきたいと思って、定番で簡単そうなものを作ることにきめました。

IMG_20161102_214425.jpg

買ってきたパーツ群。

IMG_20161021_210403.jpg

これは2台分です。

まずチャレンジするのはコレ。



ファズの超定番、Fuzz Face。
僕なんか、Fuzz Face以外のファズを1台も知りません。それくらい馴染みのないエフェクターだったんですが、ジミヘンやクラシックロックをやるときにはあった方がいいですよね。


Fuzz Faceのパーツだけをとりだして制作開始です。

IMG_20161021_220434.jpg

今回使うレイアウトは、Perf and PCB Effects Layoutsのもの。

ですが、トランジスタはいろんな情報を参考にして、国内で入手しやすい東芝の2SC1815GRを使うことにしたので、足の配置がBC108とは異なるらしいので、その周辺だけレイアウトを変更しました。



IMG_20161022_224112.jpg

パーツも少ないので、結構あっさり完了。

し・か・し

音が出ない。





わからない。

シンプルな回路だから、作り直してしまえ!!

というわけで、レイアウトを他のものに変えてみました。
Kawai Koji Blogのものを使わせてもらいますが、インプットのB50KのPOTは省略しました。(もう2POTでケースを用意済だったので)

IMG_20161102_214733.jpg

こっちのほうが作りやすかったです。
今回のレイアウトでは音出し一発成功!

IMG_20161102_214425.jpg

今までファズに興味がなかったけど、弾いてみるととても気持ちいいですね。
ちょっと癖になりそう。

ゲルマニウム・トランジスタのファズも気になってきたので、そのうち作るかもしれません。
この基板サイズなら1台に2枚入れてスイッチで切替できるようにすればケースやスイッチなどの高額パーツが不要なのでいいかも。

続いて本命のオーバードライブを作り始めましたが、これは色々と苦労しましたのでまた別記事で。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。